木材の特性を活かして組み合わせる

山に生えている木を成形して材料にしますから、真っすぐなモノ、狂いのないモノ、同じものは、まずありません。 
その材木を1本1本、手と目で確かめ、適材適所を考えながら、手作業で木造りの準備を進めることを基本にしています。

自然の木は1本1本特徴があります。

反り、痩せによる寸法のくるい、節による欠点、目(繊維)の流れ…。その特徴を確かめることから全てが始まります。

力のかかる小屋梁などには、丸太のまま使った方が強度が期待できます。

木の曲がり、根元の太さ、木が持つ特徴を生かした木組みで、強くて柔らかい空間を造っています。


柱、梁・桁など構造上主要な部分には、木の繊維を傷めるボルト等を使用しないで、木と木を組み合わせる日本独自の工法「継手仕口」を用いて組み合わせます。 
長持ちさせることを目的にして、伝承されてきた工法ですから、後の修繕、改修工事において、解体、再組込み、調整が容易です。

伝統的な木と木を組み合わせる方法ー「継手仕口」を採用しています。
昔ながらの建物を長持ちさせる大工技術の継承に努めています。

材料の欠損と結露を誘発する恐れのあるサイズの大きいボルトの使用は極力避けて、使用箇所に適した「継手仕口」で木組みによる建物造りを行っています。

材料一本一本の特徴を確認しながら、「継手仕口」による木組みを採用するため、伝統的な大工仕事ー「墨付け」と「手刻み」による建物造りに取り組んでいます。