木造2階建て 475㎡-築150年を超える庫裏の再生

改修前の全景
正面の大ケヤキは国指定天然記念物

改修前の庫裏
茅葺の屋根を昭和30年代に屋根替え

構造補強
ジャッキアップ後、ベタ基礎に変更し耐震壁を配置

改修後の庫裏全景
屋根雪が中庭に落ちないように変えている

東側、妻面
外壁は杉 下見板張り

妻面、2階部
ガラス格子窓と黒漆喰の壁

北庭から

座敷、縁側と本堂への渡り廊下

玄関ホール

座敷他
報恩講では襖を外し広間に

玄関から座敷方向

座敷

座敷の北、縁側

次の間

庫裏の屋根から大ケヤキ