土蔵の損傷した壁を修繕している。
下地の竹小舞を直して、荒壁を付けたところで、乾燥のため現場を空けていた。

雨に濡れると台無しになるので、下見板を当ててブルーシートで養生している分、乾きが悪いが、写真のように割れが入ると、この後は乾きが良くなる。

十分に乾いたのを待って、中塗り土で表面を整えて外部側は完了。
また、下見板を戻して、風通しが悪くならない範囲でシート養生をした。

入口引戸の痛みも激しかったため、作り直した。

外部側は土をつけるので、縄巻竹を打ち付ける。

ここまでが、外部の荒壁土の乾燥を待っている中での作業。

2020.09.06